Wildfire (1959) / 野火

大岡昇平の原作を、「鍵(1959)」のコンビ和田夏十が脚色し、市川崑が監督したもので、レイテ島を舞台に飢餓に追いつめられた兵隊を描いたもの。撮影は「代診日記」の小林節雄。キャスト : 船越英二 ミッキー・カーチス 滝沢修 浜口喜博 石黒達也 稲葉義男 星ひかる 月田昌也 杉田康 伊藤信 浜村純 潮万太郎

 ・ amazon : Wildfire (1959) / 野火

 ・ amazon prime: Wildfire (1959) / 野火

 ・ Youtube : Wildfire (1959) / 野火

Wildfire (1959) / 野火のあらすじ

太平洋戦争末期のレイテ島。肺病で隊を追い出さた村山隊の田村一等兵は、病院にも受け入れられず、同様に行き場のない兵たちと近くの林に潜む。病院に入れなかったら自決しろと田村は手榴弾を渡されていた。病院が砲撃され、兵たちと田村は逃げる。小川で水筒に水を汲みながら、死ぬつもりなのになぜ逃げ水を汲むかと自問し、自分も死ぬのだからと死にかかった兵を見捨てて行く。田村は、芋畑で大島隊の班長らと出会う。大島隊はニューギニアで人肉を喰って苦労したと噂されていた。畑のかなたに、収穫後の豆殻や籾殻を焼く野火が立ちのぼっていた。先の攻撃で村山隊は全滅、レイテ島の兵は全隊パロンポンに退却せよとの令が出されていた。雨季のレイテを日本兵の群れがパロンポンを目指す。街道を米兵のトラックが連なって行き、投降を口にする兵に、班長は投降はさせぬと殺気立つ。戦車の砲撃で、日本兵は屍の群れとなり、班長も死ぬ。赤十字の米衛兵が負傷した日本兵をトラックに乗せている。田村は白旗を作るが、眼前で投降した兵が米女性兵に乱射される。極限の飢えに発狂した将校を見過ごし荒野を行き、田村は村山隊の安田と永松に再会する。安田と永松は、猿を射止めその肉を喰らう。肉を貰うが田村は歯が抜け食えない。永松が猿を射止め損じ、田村はその逃げる日本兵を見た。三人は殺し合い、一人になった田村は、普通の暮らしをしている人間に会いに野火を目指し歩く。が、銃弾が田村を倒す。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Rokumeikan (1986) / 鹿鳴館

  2. Hakai (1962) / 破戒

  3. Traditional Town (1980) / 古都

  4. Bonchi (1960) / ぼんち

  5. Kinkakuji (1958) / 炎上

  6. Sasame-Yuki (1983) / 細雪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。