Muder Case of Tenkawa Legend (1991) / 天河伝説殺人事件

市川崑監督が内田康夫の原作を映画化したミステリー。能楽の世界で起きた跡目争いの連続殺人事件を紀行ライターを通して描く。天河神社を訪れた浅見光彦は、能の宗家・水上流長老の殺人容疑で逮捕されてしまう。

キャスト : 榎木孝明 岸惠子 日下武史 財前直見 山口粧太 岸田今日子 山口真司 岸部一徳 奈良岡朋子 大滝秀治 神山繁 加藤武 伊東四朗 石坂浩二

 ・ amazon : Muder Case of Tenkawa Legend (1991) / 天河伝説殺人事件

 ・ Youtube : Muder Case of Tenkawa Legend (1991) / 天河伝説殺人事件

Muder Case of Tenkawa Legend (1991) / 天河伝説殺人事件のあらすじ

新宿の高層ビル街で、川島という男が殺され、奈良県・吉野の山中で、能楽の水上流の分家筋長老・高崎が殺された。川島は、吉野の天川村にある天河神社の御神器を象った”五十鈴”を持っており、天河神社は水上流と縁の深い神社であった。高崎が殺された頃、ルポライターの浅見光彦は、能関係の原稿を依頼され吉野を訪れていた。浅見は、以前吉野を訪れた時に偶然知り合った敏子に惹かれ、敏子が女将をする天河館に宿をとっていた。山中で高崎に声を掛けたのが目撃され、浅見は高崎殺しの容疑者に間違われ事件に巻き込まれる。田園調布に屋敷を構える水上流では、十九世宗家・和憲の後継者をめぐり対立が起こっていた。和憲の嫡男・和春は若くして亡くなり、その子の和鷹と秀美のいづれかが二十世・宗家となる。和鷹は和春が妻以外の女性に産ませた子供であった。和春の追善能の『道成寺』の舞台で、第三の殺人事件が起こる。『道成寺』を舞うのは宗家・和憲だが、舞台上で殺された演者の面をはずすと、それは和鷹であった。警察庁刑事局長・浅見陽一郎を兄に持ち、飄々とした風貌ながら鋭い観察眼を持つ浅見光彦が、事件の真相に迫る。事件を解く鍵は、天河神社で行われる薪能にあった。天川村には、薪能の晩に出会った男女は必ず不幸になるという言い伝えがある…。

関連記事

  1. The Inugami Crane (2006) / 犬神家の一族

  2. The Inugami Clan (1976) / 犬神家の一族

  3. Devil’s Temariuta (1977) / 悪魔の手毬唄

  4. Village of Eight Gravestone (1996) / 八つ墓村

  5. Hole in One (1957) / 穴

  6. Hanging over House near Hospital Slope (1979) / 病院坂の首縊りの家

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。