Love Again (1971) / 愛ふたたび

フランスの人気男優、ルノー・ベルレーと浅丘ルリ子の共演。フランス青年と美しい日本女性の愛の物語。監督は市川崑。脚本は詩人の谷川俊太郎。撮影は「日本一のヤクザ男」の長谷川清がそれぞれ担当。

キャスト : ルノー・ベルレー、浅丘ルリ子、グラシェラ・ロペス・コロンブレス 石立鉄男 桃井かほり

Love Again (1971) / 愛ふたたびのあらすじ

フランス人青年のニコと、金沢の老舗薬屋の娘・みやは、パリで出会い恋に落ち、みやの帰国で別れをした。半年後、レーザー光線の専門家のニコは、セミナー出席の為に初めて東京にやって来る。ニコはパリで果たせなかった別れの晩餐をやり直すために金沢のみやを訪ねる。半年ぶりに会うみやはパリにいるみやとはどこか違う。みやには婚約者もあった。食事の席にみやは妹を呼び、ニコが望む二人だけの晩餐はかなわない。ニコは東京のホテルの住所を記したメモを鞄に入れたまま仲間に預けてきてしまっていた。みやは、困っているニコを放っておけず一緒に東京へ行く。ホテルを捜し東京を必死に歩き回る二人の脳裏に、パリでの楽しい日々がよぎる。ホテルが見つかり無事にセミナーを終えたニコとみやは、やっと二人だけの別れの食事をする。言葉の違い、文化の違い、生活感情の違いは、愛し合う二人の間に齟齬を生み、二人は別れることを決めたのだった。だが、気持ちは塞ぎ、その気持ちを紛らそうと友人に誘われて行ったスキー場で、別れた二人がまた出会う。きれいに別れたいと願いながらいつも別れは不十分だった。ニコの帰国の日がやって来る。それが本当の別れのはずだった…。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Good Bye Hello (1959) / さよなら、今日は

  2. Jokyo (1960) / 女経 第二話 物を高く売りつける女

  3. Seishun Kaidan (1955) / 青春怪談

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。