Seishun Kaidan (1955) / 青春怪談

『青春怪談』(せいしゅんかいだん)は、獅子文六が1954年に新潮社から刊行した長編小説を日活が1955年に市川崑監督で映画化した作品。日活移籍第一作。日活と新東宝との競作で、公開日も同じ。新東宝作品は、市川の師匠である阿部豊が監督。
北原三枝 山村聡 三橋達也 轟夕起子 山根寿子 嵯峨三智子 芦川いづみ 三戸部スエ 千田是也 滝沢修 宇野重吉 北林谷栄

 ・ Youtube : Seishun Kaidan (1955) / 青春怪談

Seishun Kaidan / 青春怪談 (1955)のあらすじ

母を亡くし、父・鉄也と二人暮らしの千春は、バレリーナを一生の仕事と打ち込むクールで中性的な魅力の女性。慎一は、亡父がやっていた病院の賃貸やパチンコ屋経営をし、ひとかどの実業家を志す超合理主義者の美男子で、母・蝶子と暮らしている。千春と慎一は、親密だが恋愛意識はなく互いに異性を感じないところが好きである。ある時千春は、父の家からの独立を考え鉄也と蝶子の再婚を画策する。すると、蝶子は娘のように熱烈に鉄也に恋するが、鉄也は千春の結婚が先決と再婚を拒む。千春は慎一に相談し、もはや蝶子をあきらめさせることは不可能と、鉄也を再婚させる為に自分たちの結婚を決める。ところが、慎一の顧客のバーのマダム・トミ、千春を慕う娘・シンデの強烈な嫉妬に遭い、パチンコ屋は潰され、千春が女でないとの噂が飛び交う。そして肝心の鉄也はなおも再婚を拒む。しかし、思い詰めた蝶子の気持ちが遂に鉄也の心を動かした。晴れて結婚式を挙げた熟年カップルは若やぐ心を謳歌し、目標に向かって突き進む若者たちは結婚を取り止める。だが、慎一は、千春が女でないかもしれないと悩んだことで恋愛を知り、いづれ千春と結婚したいと思っていた。慎一の気持ちを知って、千春もまた、考えてみようと思うのだった。(ichikawakon.com)

  • コメント: 0

関連記事

  1. Good Bye Hello (1959) / さよなら、今日は

  2. Love Again (1971) / 愛ふたたび

  3. Jokyo (1960) / 女経 第二話 物を高く売りつける女

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。