Good Bye Hello (1959) / さよなら、今日は

平凡連載の久里子亭の原作を、原作者自身と「ごめん遊ばせ花婿先生」の舟橋和郎が脚色、「炎上」の市川崑が監督した風刺喜劇。撮影は「軍国酒場」の小林節雄。音楽は塚原晢夫。

キャスト : 佐分利信 若尾文子 京マチ子 野添ひとみ 菅原謙二 川口浩 船越英二 三好栄子 浦辺粂子 倉田マユミ 見明凡太朗 潮万太郎 

 ・ amazon : Good Bye Hello (1959) / さよなら、今日は

Good Bye Hello (1959) / さよなら、今日はのあらすじ

青田和子は、一流企業のカー・デザイナー。家では、亡母の変わりに父・伍介とスチュワーデスの妹・通子の世話をする。大阪に親が決めた半次郎という許嫁がいて、半次郎の母に結婚を急かされているが、今は結婚する気がない。和子は、大阪で料理屋をする友人の梅子に頼み、婚約解消を半次郎に伝えて貰うことにした。梅子は半次郎と会い、半次郎のことが大好きになる。梅子は和子に、好きになっても良いかと確かめる。和子は、大阪出張の折りに半次郎と会うことにした。半次郎は和子との結婚を願っていた。半次郎が嫌いではないが嫁いで父に寂しく不自由な思いをさせたくないと思っている和子。和子の悩みを聞いて、実直で慎重な半次郎は無鉄砲になれない。通子は青田家が家族ぐるみでつき合う哲が好きで、哲は和子が好きだ。通子に頼まれ、和子は哲に求婚の代弁をし、哲は自分の気持ちを言い出せない。やがて、梅子と半次郎の結婚が決まる。通子と哲も纏まりそうだ。梅子は、伍介に和子の気持ちを伝え再婚を勧める。梅子と半次郎の結婚式の後、伍介は、再婚すると和子に打ち明ける。和子はその嘘を寂しがるが、伍介は、親子は互いに捨て合わなくてはならない時があると言う。和子はアメリカ留学を悩んでいた。伍介に勧められ、和子はアメリカ行きを決意する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Jokyo (1960) / 女経 第二話 物を高く売りつける女

  2. Love Again (1971) / 愛ふたたび

  3. Seishun Kaidan (1955) / 青春怪談

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。