The Inugami Clan (1976) / 犬神家の一族

横溝正史の原作ミステリーを、市川崑監督が石坂浩二主演で映画化した「金田一耕助」シリーズ第1弾。信州の財閥・犬神家の巨額の遺産をめぐり連続殺人事件が起こる。名探偵・金田一耕助が事件の謎に迫る。(キネマ旬報)

キャスト : 石坂浩二 島田陽子 あおい輝彦 高峰三枝子 三条美紀 草笛光子 地井武男 川口恒 川口晶 金田竜之介 小林昭二 坂口良子 小沢栄太郎

 ・ amazon : The Inugami Clan (1976) / 犬神家の一族

 ・ Hulu : The Inugami Clan (1976) / 犬神家の一族

 ・ Youtube : The Inugami Clan (1976) / 犬神家の一族

The Inugami Clan (1976) / 犬神家の一族のあらすじ

セルの着物と袴とお釜帽、手には古びたトランクを持ち、ちびた下駄履きの私立探偵・金田一耕助(石坂浩二)が、信州・那須の町にやって来る。昭和22年。七ヶ月前、信州随一の財閥で、日本の製薬王と呼ばれた犬神佐兵衛が死んだ。金田一は、佐兵衛の遺言状を預かる顧問弁護士・古館の助手・若林の依頼でやって来たが、恐ろしい遺産争いを予期していた若林は、金田一が着くや殺された。生涯独身を通した佐兵衛には、腹違いの娘、松子、竹子、梅子がおり、三人にはそれぞれ、佐清、佐武、佐智の息子があった。佐清が復員し、いよいよ遺言状が開封されることになり、金田一は古館の依頼を受けて立ち会う。その席には佐兵衛の恩人・野々宮の孫の珠世(島田陽子)の姿もあった。佐清は戦争で顔面に大傷を負い不気味な仮面をつけている。遺言状は、佐清、佐武、佐智のいずれかと結婚することを条件に珠世に全財産を譲るというものだった。そして、佐兵衛が女工に産ませた行方知れずの青沼静馬にも権利があった。なぜ珠世が…、珠世は誰を夫に選ぶのか? 佐武、佐智、そして珠世も、仮面の佐清の正体を疑っている。そして事件は起こる。佐武が殺され、生首が菊人形の上に乗せられていた。佐智は、天窓の上で首に琴糸を巻き付けられ死んでいた。犬神家の家宝、斧(よき)・琴(こと)・菊(きく)をなぞると思われる手の込んだ殺人、顔を隠した復員服の男の出現で深まる謎。金田一は、犬神一族の系譜を辿り、犬神佐兵衛の怨念に憑かれた連続殺人事件の真相を解く。

関連ページ : The Inugami Crane (2006) / 犬神家の一族

関連記事

  1. Hell’s Gate Island (1977) / 獄門島

  2. The Inugami Crane (2006) / 犬神家の一族

  3. Devil’s Temariuta (1977) / 悪魔の手毬唄

  4. Queen Bee (1978) / 女王蜂

  5. Hole in One (1957) / 穴

  6. Hanging over House near Hospital Slope (1979) / 病院坂の首縊りの家

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。