Queen Bee (1978) / 女王蜂

石坂浩二主演による金田一耕助シリーズ第4作。大道寺家の美女・智子をめぐり、婚約者の座を狙う男たちが次々と殺されるという不可解な連続殺人事件に金田一耕助が挑む。だがそこには意外な結末が・・・。

キャスト : 石坂浩二 岸惠子 司葉子 高峰三枝子 仲代達矢 中井貴恵 沖雅也 萩尾みどり 加藤武 大滝秀治 神山繁 小林昭二 伴淳三郎 三木のり平

 ・ amazon : Queen Bee (1978) / 女王蜂

 ・ Amazon Prime : Queen Bee (1978) / 女王蜂

 ・ Youtube : Queen Bee (1978) / 女王蜂

Queen Bee (1978) / 女王蜂のあらすじ

昭和7年。天城の月琴の里、大道寺家の別荘の密室で、大道寺琴絵の恋人・仁志が殺された。琴絵は仁志の子を妊娠しており、仁志は結婚を家族に反対され琴絵と揉めていた。家庭教師の神尾秀子らの手により事件は事故と偽装され、琴絵は智子を産んだ。智子が3歳になった時、仁志と恋敵だった速水銀造は、琴絵の婿養子になった。琴絵の希望で、銀造は蔦代という女性と京都の大道寺邸を守り、琴絵は智子、秀子とともに月琴の里で暮らし、ほどなくして病死した。そして昭和27年。月琴の里の大道寺家の時計台で、智子の求婚者の遊佐が殺される。その日は智子の19歳の誕生日である。その日を期に智子は京都に戻ると決められており月琴の里には大道寺家一同が集っていた。智子には、遊佐の他に赤根崎と駒井という求婚者があり、正体不明の青年・多門も智子の周辺をうろついていた。月琴の里の山道を、農夫のリヤカーに乗り金田一耕助がやって来る。京都のとある人物の元に警告状が届き、調査を依頼されたのである。警告状には、智子が京都へ来ると19年前同様に血が流れる、琴絵も智子もむらがる男の命を脅かす女王蜂である、とあった。智子が京都に転居すると、第二の殺人が起こった。華族・東小路隆子が主宰する野立ての席で赤根崎が毒殺されたのだ。金田一は、過去の密室殺人の謎を解き二つの事件の真相を明かす。事件の背後には、女王蜂の周りで不幸な愛を生き続けた男と女の物語があった。

関連記事

  1. Hanging over House near Hospital Slope (1979) / 病院坂の首縊りの家

  2. Village of Eight Gravestone (1996) / 八つ墓村

  3. Devil’s Temariuta (1977) / 悪魔の手毬唄

  4. Hole in One (1957) / 穴

  5. Hell’s Gate Island (1977) / 獄門島

  6. Muder Case of Tenkawa Legend (1991) / 天河伝説殺人事件

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。