Yukinojo Henge (1963) / 雪之丞変化

長谷川一夫三百本記念映画。長谷川一夫は雪之丞と闇太郎の二役を演じる。映像美、音声処理、映画的トリックと映画の面白さ満載の超娯楽時代活劇。

長谷川一夫 山本富士子 若尾文子 市川雷蔵 勝新太郎 船越英二 市川中車 林成年 中村鴈治郎 柳永二郎 伊達三郎 大辻伺郎

 ・ amazon : Yukinojo Henge (1963) / 雪之丞変化

 ・ Youtube : Yukinojo Henge (1963) / 雪之丞変化

Yukinojo Henge (1963) / 雪之丞変化のあらすじ

上方の中村菊之丞一座の看板役者、妖美な女形の雪之丞は、元長崎奉行・土部三斎と一味の広海屋、川口屋に抜け荷の罪を被せられ果てた父母の復讐に命を賭ける。一座が江戸の市村座で舞台を明けたその日、桟敷には目指す仇の姿があった。その桟敷で、大奥に仕える三斎の娘・浪路は、雪之丞を見るなり重い恋の病に落ちた。浪路の見舞に三斎の屋敷に招かれる雪之丞。浪路の純情は雪之丞の憐憫を誘うが、雪之丞は敵の懐に入るこの日を待っていた。取り持ったのは、浪路に取り入り大奥の声掛かりでお上の御用達の認可を得ようとする川口屋。広海屋はまた、三斎、川口屋、お上の重役方の動静を探ろうと、雪之丞に近づく。雪之丞は巧みな芝居で二人を唆し、欲に浮かされる二人は仲間の寝首も掻こうとあさましく争う。折しも凶作続きで米価は高騰。それぞれに米を買い漁っていた両者だが、寝首を掻かれたのは川口屋であった。浪人・門倉は、独創天心流の兄弟弟子であった雪之丞の命を狙い、女盗賊・お初は雪之丞に岡惚れし、名高き侠盗・闇太郎は雪之丞の助太刀を買って出る。広海屋の米の放出で川口屋は潰れ、川口屋は広海屋に火を放つ。狂った川口屋を広海屋が殺し、冷酷非道な三斎は咎人となった広海屋を見捨てた。地に墜ちた広海屋は浪路を攫い浪路に刺される。そして、凄絶な復讐劇は哀れな浪路の命をも消し去り、雪之丞は来世での契りを交わす。浪路を失い権威喪失の三斎は、雪之丞に毒を飲めと迫る。だが、雪之丞の素性とその呪いを知り自ら毒を煽る。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Through the Wooden Gate (1993) / その木戸を通って

  2. Doraheita (2000) / どら平太

  3. Kogarashi Monjiro Return (1993) / 帰って来た木枯し紋次郎

  4. Mother (2001) / かあちゃん

  5. Matatabi (1973) / 股旅

  6. 47 Ronin (1994) / 四十七人の刺客

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。