Through the Wooden Gate (1993) / その木戸を通って

山本周五郎の短編小説を市川崑監督が、豪華キャストで映画化、ふさ役に浅野ゆう子、平四郎役に中井貴一。リリカルな正統派ドラマとしての気品と、市川監督ならではの映像美をあわせ持った、宝石のような珠玉作。

キャスト : 浅野ゆう子 中井貴一 フランキー堺 井川比佐志 岸田今日子 石坂浩二 神山繁 榎木孝明 うじきつよし 白島靖代 桜金造 古柴香織

 ・ amazon : Through the Wooden Gate (1993) / その木戸を通って

Through the Wooden Gate (1993) / その木戸を通ってのあらすじ

ある小藩の勘定方・平松正四郎の家に、見知らぬ娘が訪ねて来た。娘は、自分の名前も何処から来たのかも分からず、覚えているのは正四郎の名前だけという。城代家老の娘との縁談が進んでいた正四郎は、誰かのいたずらか嫌がらせだと思いすぐにも娘を追い出そうとした。だが、記憶を喪い頼る者のない娘が不憫になり娘を家に置くことにした。平松家の家扶・吉塚とその妻・むらは、娘をふさと呼んで可愛がった。ふさは気立てが良く働き者だった。やがて、正四郎はふさをいとおしく感じるようになり、正四郎はふさと結婚した。二人は女の子を授かり幸せな日々を過ごした。だが、ふさは時折、何かに取り憑かれたような目つきになり、「ここが笹の道で、この先に木戸があって…」と記憶の一端を口走った。二人は、過去は思い出さなくてよいと思っていたが、思い出す日がきっと来るとも感じていた。ある日、ふさは、来た時と同じようにふいに姿を消した。そして17年が過ぎた、娘・ゆかの婚礼の日。正四郎は、まだ着替えもせずひとり庭に立っていた。平松家の女中だったお伸から手紙が届き、正四郎は懐かしく読む。お伸はふさに違いない女性を城下はずれの家で見たという。正四郎は夢中でふさを捜しに出る。だがそれはふさではなかった。家に戻った正四郎は、ほどほどに幸せであったと人生を思い起こし、慌てて婚礼の支度を整える。

関連記事

  1. Mother (2001) / かあちゃん

  2. Kogarashi Monjiro Return (1993) / 帰って来た木枯し紋次郎

  3. Yukinojo Henge (1963) / 雪之丞変化

  4. 47 Ronin (1994) / 四十七人の刺客

  5. Matatabi (1973) / 股旅

  6. Doraheita (2000) / どら平太

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。