Doraheita (2000) / どら平太

山本周五郎の「町奉行日記」をベースに名監督集団「四騎の会」の脚本を市川崑監督が映画化した2000年製作の時代劇娯楽大作。

キャスト : 役所広司 浅野ゆう子 菅原文太 宇崎竜童 片岡鶴太郎 石倉三郎 石橋蓮司 うじきつよし 尾藤イサオ 大滝秀治 江戸屋猫八 岸田今日子

 ・ amazon : Doraheita (2000) / どら平太

Doraheita (2000) / どら平太のあらすじ

ある小藩の江戸藩邸年寄役の次男・望月小平太は、上意により町奉行を仰せつかった。武芸に長じ、行状は放埒無頼で、あだ名をどら平太という。役目は壕外と呼ばれる一帯の手入れ。そこは、密貿易、博打、売春等が蔓延る悪徒の巣であり、その運上金は藩の貴重な財源となっていた。江戸を離れ国許にやって来たどら平太は、町奉行に着任するも、奉行所には一切出ず城下はずれの宿に身を隠す。城中との連絡係は清廉潔白な徒士目付・安川だが、一方で、大目付のエリート、仙波からも情報を得る。城下町から一本の橋でつながる壕外に、どら平太は身分を隠した着流し姿で潜り込む。その派手な遊びっぷりに、壕外を仕切る三人の親分・灘八、太十、才兵衛の子分たちは、どら平太を兄貴と慕って壕外の内情を明かす。着々と仕事を進めるどら平太だが、どら平太を追ってやって来た柳町芸者のこせいは、どら平太を江戸に連れ帰ろうと躍起である。そして、腕は一流、極めつけの堅物で不埒な御奉行が許せぬ柾木率いる剣士組、正体不明の黒覆面の武士たちがどら平太の命を狙う。太十と才兵衛が、どら平太の型破りな術中に落ちどら平太と兄弟の盃を交わす。これを知った第一の親分・灘八は、どら平太に呼出し状を送る。呼ばれて生きて帰った者はないという灘八の豪勢な屋敷。斬り掛かる五、六十人の子分どもをどら平太が峰打ちでなぎ倒す。しかし、この悪の根は城代家老をはじめとする城中の重職たちに通じている。そしてそこには、重職と親分の間を取り持つひとりの男がいる。

関連記事

  1. Matatabi (1973) / 股旅

  2. Yukinojo Henge (1963) / 雪之丞変化

  3. Through the Wooden Gate (1993) / その木戸を通って

  4. Mother (2001) / かあちゃん

  5. Kogarashi Monjiro Return (1993) / 帰って来た木枯し紋次郎

  6. 47 Ronin (1994) / 四十七人の刺客

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。