47 Ronin (1994) / 四十七人の刺客

世に言う「忠臣蔵」の定説を翻し、従来とは異なる角度から事件の真相を描いた池宮彰一郎のベストセラー小説を市川崑監督が映像化。本作が久々の時代劇出演となる高倉健が貫禄たっぷりに大石内蔵助を演じる。

キャスト : 高倉健 中井貴一 宮沢りえ 森繁久彌 浅丘ルリ子 石坂浩二 岩城滉一 宇崎竜童 松村達雄 井川比佐志 山本學 神山繁

 ・ amazon : 47 Ronin (1994) / 四十七人の刺客

 ・ amazon prime : 47 Ronin (1994) / 四十七人の刺客

 ・ Youtube : 47 Ronin (1994) / 四十七人の刺客

47 Ronin (1994) / 四十七人の刺客のあらすじ

元禄14年3月14日。赤穂藩主浅野内匠頭は、御勅使御馳走の大役に臨んだ江戸城中で、高家吉良上野介に斬り掛かった。浅野は即日切腹、赤穂藩は廃絶となった。情けも武士への礼節もない処置処遇を下したのは御側用人柳沢吉保、その陰で術策を練るのは上杉家江戸家老色部又四郎であった。当代随一の利け者と云われた色部は、吉良、上杉の家名、柳沢の権勢を傷つけぬよう、詮索を禁じ刃傷の真因を闇に葬った。赤穂藩国家老の大石内蔵助は、速やかに赤穂特産の塩を売りさばき、流浪の民となった藩士の為の金の確保に努めていたが、敵のやり口を知って討入りを決意する。吉良を討ち家を潰し、上杉家の名を地に落とし、将軍家と柳沢の面目を叩き潰す、と。内蔵助は、一年九ヶ月を費やして心理戦、経済戦、諜報戦を仕組んだ。刃傷の真因が分からぬのを逆手に取り、賄賂を使って吉良の良からぬ噂を立て評判を貶めた。赤穂浪士が斬り込むとの風評は、吉良邸のある江戸城外郭の大名、旗本を怯えさせ、吉良は江戸城外へ屋敷替えをさせられた。城外となれば侵入は容易となり、色部はこれに城砦のごとき吉良邸を新築し対抗する。討入りは元禄15年12月14日に決行された。命は何ものにも代え難い尊きものと知る内蔵助、だが、侍の道を貫くその闘いは、敵の命を奪い、見方の命を使い捨てる闘いだった。脱盟者も多く赤穂浪士は総勢四十七名。吉良邸での激しい攻防戦の末、内蔵助は吉良の命を取る。その時、内蔵助が最後に愛した若きおかるは、新しい命、内蔵助の子を宿していた。

関連記事

  1. Kogarashi Monjiro Return (1993) / 帰って来た木枯し紋次郎

  2. Matatabi (1973) / 股旅

  3. Doraheita (2000) / どら平太

  4. Through the Wooden Gate (1993) / その木戸を通って

  5. Yukinojo Henge (1963) / 雪之丞変化

  6. Mother (2001) / かあちゃん

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。