Nihonbashi (1956) / 日本橋

妖しくも美しい女の恋の執念を描いた泉鏡花の名作を大映カラーにより再映画化。脚色は、「処刑の部屋」の和田夏十、監督も同じく市川崑.
キャスト : 淡島千景 山本富士子 若尾文子 品川隆二 柳永二郎 船越英二 杉寛 浦辺粂子 岸輝子 沢村貞子 平井岐代子

 ・ amazon : Nihonbashi (1956) / 日本橋

 ・ amazon prime : Nihonbashi (1956) / 日本橋

 ・ Youtube : Nihonbashi (1956) / 日本橋

Nihonbashi (1956) / 日本橋のあらすじ

日本橋大工町に稲葉家を構える芸者のお孝。お孝は、慎ましく誠実な美人芸者の清葉と張り合い、清葉への面当てに清葉に惚れる男を自分の男にしていた。お孝につきまとう赤熊もその一人である。医学士の葛木は、姉の形見の雛人形と瓜二つの清葉を慕いつづけ、ある時、女房になってくれと清葉に想いを打ち明ける。姉は葛木を学士にする為に妾となり葛木の前から姿を消した。葛木は姉の身を思い芸者を見下すまいと心に誓っていた。葛木の真心が嬉しくも、清葉は旦那と子供がある身であった。芸者の操を立て心の内だけで縁を結ぶ。ある晩、ひょんなことで葛木と出会ったお孝は、清葉への意地ひとつで葛木をくどき、いつしか、たとえ清葉の身代わりでもと恋い慕うようになった。葛木はお孝と切れてくれと赤熊に迫られ、妻を死なせ赤子を捨ててまでもお孝を思い詰める赤熊を蔑んだ。そして、お孝を見下す自分の醜い心を知った葛木は、お孝に別れを告げ何処と知れず去る。お孝は葛木恋しさに狂気の淵へと落ち、火事の宵、赤熊を殺して毒を煽る。お孝を看取ったのは、その場に来合わせた托鉢僧の葛木であった。お孝の頼みで稲葉家を引き継ぐことになった清葉に、葛木は雛人形を預け今生の別れを告げる。葛木は、人の心を知らずお孝を死なせた、お孝は女房でした、と言い、清葉は、お孝にあやかりたかったと忍び泣く。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Happiness (1981) / 幸福

  2. Rush Hour Train (1956) / 満員電車

  3. Brother (1960) / おとうと

  4. The Burmese Harp (1956) / ビルマの竪琴

  5. Zunmus in Tohoku (1957) / 東北の神武たち

  6. The Screen Actress (1987) / 映画女優

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。