Sasame-Yuki (1983) / 細雪

美しい四人姉妹のそれぞれの運命を、四季折々の風物を絡めながら描く、谷崎潤一郎の同名小説を佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子ほか豪華キャストにて映画化した作品。(Oricon)

キャスト : 岸惠子 佐久間良子 吉永小百合 古手川祐子 伊丹十三 石坂浩二 岸部一徳 桂小米朝 江本孟紀 小林昭二 辻萬長 常田富士男

 ・ amazon : Sasame-Yuki (1983) / 細雪

 ・ Youtube : Sasame-Yuki (1983) / 細雪

Sasame-Yuki (1983) / 細雪のあらすじ

昭和13年の春。恒例の花見の席に蒔岡家の四姉妹が揃う。蒔岡は船場の名家で、長女の鶴子(岸惠子)が婿養子の辰雄(伊丹十三)と大阪上本町の本家を守っている。時代の趨勢で辰雄は船場の店を手放し銀行に勤めている。芦屋の分家は、次女の幸子(佐久間良子)とやはり婿養子の貞之助(石坂浩二)が守り、三女・雪子(吉永小百合)と四女・妙子(古手川祐子)が同居している。5年前、妙子は船場の貴金属商の放蕩息子・啓三郎と駆け落ちし新聞に書かれ騒動になった。新聞は妙子の名を雪子と間違えた。その時の辰雄の対応が不満で雪子と妙子は本家を出、このことは本家と分家の間に齟齬を生じさせた。蒔岡家の目下の一大関心事は雪子の縁談である。古風でいて芯が強く頑固な雪子は、適った男性と出会えず幾度も見合いを重ねていた。そして、皆が雪子の縁談に気を取られる中、奔放な妙子は、人形づくりに熱を入れ、啓三郎からカメラマンの板倉に心を移していた。幸子と貞之助は妹たちに翻弄され、だが、幸子の癇癪の原因は貞之助の雪子に対する深密すぎる態度にもあった。秋になって、辰雄に東京転勤の話が持ち上がり、鶴子は蒔岡の本家が大阪を離れるという一大決心を迫られる。戦争の気配が高まり、蒔岡の家にも時代の幕引きがなされようとしていた。妙子は板倉を病気で亡くし、雪子の縁談はまだ決まらない。鶴子は、本家のこだわりを捨て、皆の反感を買いながらも一族の生活を維持しようと努めて来た辰雄の気持ちを汲み東京行きを決める。年が変わり、細雪の舞う旅立ちの日。鶴子を見送る雪子の傍らには、遂に巡り会った気に染む相手、華族の東谷(江本孟紀)の姿がある。妙子は心の底から愛し合える三好と出会い新しい暮らしを始めている。涙の別れを嫌った幸子は、妙子の粗末な下宿で鶴子を送り、いろいろあっても何も変わらない人間の営みを思う。貞之助は雪子の結婚にひとり涙する。

関連記事

  1. Traditional Town (1980) / 古都

  2. Kokoro (1955) / こころ

  3. Bonchi (1960) / ぼんち

  4. Key (1959) / 鍵

  5. Rokumeikan (1986) / 鹿鳴館

  6. Wildfire (1959) / 野火

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。