I am a Cat (1975) / 吾輩は猫である

夏目漱石の同名小説を映画化したもので、一匹の猫の眼を通して、通俗的な社会にはかない抵抗をしめす中学教師を描く喜劇。脚本は「ノストラダムスの大予言」の八住利雄、監督・潤色は「股旅」の市川崑、撮影は「雨のアムステルダム」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

キャスト : 仲代達矢 波乃久里子 伊丹十三 岡本信人 島田陽子 岡田茉莉子 篠ヒロコ 篠田三郎 前田武彦 左とん平 三波伸介 神山繁

I am a Cat (1975) / 吾輩は猫であるのあらすじ

中学校の英語教師の苦沙弥は、教師という職業が嫌いであるが、妻があり三人の幼い娘があるので辞められない。安い俸給を貰い、家庭の煩雑な日常に束縛される日々に、鬱々とした倦怠感を感じていて、胃が痛む。美学者の迷亭、理学士の寒月、哲学者の独仙、若い詩人の東風が苦沙弥の家へ度々寄って、人生論、芸術論、文明批評や社会風刺など、非力で実益のないお喋りに興じている。”吾輩”は、猫である。苦沙弥は、猫の非情さが気に入り、熱心に”吾輩”や自分の鼻を潰してイタチと闘うクロや美人猫のミケを観察している。寒月と成金実業家・金田の令嬢・富子の結婚話が持ち上がって、結婚に断固反対する苦沙弥は、高慢ちきな金田の妻・鼻子の執拗ないやがらせを受ける。学校では校長と衝突、細君には辛抱してくれと拝まれて、遂に苦沙弥は”吾輩”を連れて家出をした。姪の雪子の家で一晩を過ごし、苦沙弥は新鮮な心持ちになって帰宅する。見過ごしていた雪子の美しさに初めて気づき、見たつもりが実は何もみていないことの多さを知ったのである。苦沙弥の家出を聞いた迷亭らは苦沙弥の家に集い、夫婦の別れについて論じる。”吾輩”ば、彼等の無能無益なお喋りは今どき上等貴重なものと観察する。寒月は、親が決めた丈夫な女と結婚し、富子は苦沙弥の元書生でビジネスマンの三平が貰うことになった。その晩、”吾輩”は人間が残したビールを舐めてみた。フワフワとし、水を飲もうと水瓶に飛び乗ったら、落ちて水死した。猫嫌いの細君が水瓶から”吾輩”を引き上げ、うっすら泣いた。苦沙弥は、”吾輩”をモデルにした小説を書き始めている。

関連記事

  1. Kinkakuji (1958) / 炎上

  2. Kokoro (1955) / こころ

  3. Key (1959) / 鍵

  4. 10 Nights of Dream (2007) / ユメ十夜

  5. Ohan (1984) / おはん

  6. Wildfire (1959) / 野火

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。